Skip to content

バリフを上手に使おう

ED治療薬として有名な薬の一つがレビトラす。
1錠あたり2,000円程度払えば使う事はできますが、一定期間飲み続ければ良い薬ではなく、その効果を必要とする度に飲まなければいけない薬です。
ですので、人によっては医療費の負担が大きくなってしまう事も少なくありません。
医療費を抑える方法としてよく知られているのがジェネリックの利用です。
薬によってもどれだけ安くなっているかは違いますが、半額、時には10分の1の値段で手に入れる事ができる事もあります。
しかし現在、日本国内で認可されている薬は世界各国で流通している物の一部です。
例えば、レビトラのジェネリックの一つであるバリフはまだ認可されていません。
薬の認可に必要な期間は、日本の場合は平均して4年程必要です。
ちなみにアメリカは1年半程となっているので、ここで既に2年半の差が出ています。
これをドラッグラグと呼びます。
各国では認可されていて日本では認可されていない薬を手に入れたい時はどうすれば良いのでしょうか。
一つはその国まで直接買いに行くという事です。
しかし、薬代を安くしたいカラジェネリックを使うのに、海外まで買いに行っていては旅費が高くついて意味がありません。
旅行のついでに買ってくれば旅費を気にする必要はないですが、海外旅行に行く予定がない、そもそも時間がないという人はこの方法を選べないでしょう。
そういう人でも、海外で流通している医薬品を手に入れる方法として人気があるのが医薬品の個人輸入です。
これならドラッグラグは気にする必要もありません。
さらにネットで購入する事ができるので、わざわざお店まで足を運ぶ必要もなくとても手軽です。
ネット利用なので、お店の営業時間等を気にする必要もありません。
時間を見つけて注文しておけば良いでしょう。
バリフは海外では流通している薬なので、個人輸入をする事で手軽に手に入れる事ができます。
利用するサイトによっては、送料も不要で手に入れる事も可能です。
まずは事前に送料に関してどう決められているかをよく調べておきましょう。
海外医薬品の個人輸入では、2か月分の薬を一度に頼む事ができます。
バリフの場合は1日1錠、次の服用までは24時間以上空けておく必要があるので、2か月分となると60錠までは購入が可能です。
それ以上になると税関で没収されてしまう事もあるので注意しましょう。
ところで、レビトラは他のED治療薬に比べると錠剤が小さい事をご存知ですか。
バリフも同様で、少々小さ目になっています。
また、現時点では20㎎の物しかないので、10㎎としたい時はそれを半分に割らなければいけません。
しかしカッターナイフ等ではきれいに割る事ができないので注意しましょう。
安全に、そしてきれいに割る為にはピルカッターがお勧めです。
ちなみに、初めてバリフを利用する人は4分の1の大きさから始めるのが良いでしょう。
レビトラの場合も5㎎、10㎎、20㎎とあるので、それに倣って服用する事をお勧めします。